「Yes・But話法」というのは、人と話していて

イエス・バット話法という話し方、営業マンの方なら、良くご存知だと思います。「Yes・But話法」というのは、人と話していて、相手が何か意見を言ったとします。その意見に、もしも自分が賛成できなかったとしても、一応、「ええ、そうでしょうね。あなたのお気持ちはよくわかります」という肯定の意味の受け答えをします。これがまずは「Yes」ですね。もしもあなたが、その意見と違う意見をもっていたら、この肯定の意味の受け答えをしたあとで、「でも、こういう意見もありますよね。僕ならこんな意見も支持したいな」という風に、違う意見も提示します。これが「But」です。 つまり、初めから全面的に否定意見を言ってしまうと、その人の自尊感情を傷つけてしまって、人間関係が危うくなってしまいかねません。それで、「Yes(ええ、そうですね。その意見も理解できますよ)」といっておいて、あとで「But(でも、こういった意見も支持してもいいなと思っています)」という風に、やんわりと反対意見を提示していくということですね。 これは、よく営業トークで聞かれる方法の一つです。ですが、何も営業だけではなく、普段の知人友人とのコミュニケーションのなかでも上手に利用したい、話法ですね。このような言い方で言われれば、反対意見を言われたなと思っても、一旦は自分の意見が肯定的に受け入られたのだから、悪い気はしないはずです。ただし、言い方に注意したいところです。いかにも、面倒くさそうに誠実さもなく、言葉尻だけで肯定されてもそれは相手の心に届きません。かえって、相手は不満を抱いてしまうかもしれません。

Yahoo!ブックマークに登録

メニュー